名医に依頼することで下肢静脈瘤の治療を痛みが少なく行なえる

先生

住み慣れた場所で

病院

在宅医療は人が最も安らげる場所である自宅で、必要な医療的ケアが受けられる機能です。世田谷区をはじめ、在宅医療を必要とする人は多くいます。特に、高齢者が増えた影響から、身体機能の低下により在宅での医療的ケアを必要としています。在宅医療は様々な年齢の方をサポートする制度です。

もっと読む

日帰りも可能です

病院

鼠径ヘルニアは小腸や大腸が飛び出してしまう病のことです。大きな特徴としては、子供のころに発症する場合と成人が発症する場合で原因が違うという点です。最近では、従来までの術後の痛みを解消する手術によって短期間での手術が可能となりました。

もっと読む

概要や自覚症状等

脚

腎臓の働きや症状

腎臓病について知るためには、まず腎臓について知らなければいけません。基本的な腎臓の働きとしては、尿をつくることです。これには体内にある老廃物を排出することや、体内の水分量を調整することなどの役割があります。また腎臓の他の働きとしては、骨の代謝に必要なビタミンDを活性化させることなどです。腎臓病の病状には様々なものがありますが、自覚症状などがない場合が多くなっており、そのため早期発見が難しくなっています。早期発見する方法としては、定期的に尿検査を受けることです。腎臓病の症状の出方としては、2つあります。1つ目は、むくみや尿量の減少、高血圧などです。これらは比較的はっきりした症状が出るため、発見しやすくなっています。

自覚症状等

2つ目は自覚症状がなく進行するタイプの腎臓病です。腎臓病の大半はこれに分類され、代表的には糖尿病と合併して起こってくる糖尿病性腎症です。これは一般的に糖尿病になってから5年から15年経過すると発症しやすいといわれています。まずは尿量で、極端に多い場合や、逆に極端に少ない場合は注意が必要です。特に注意が必要な方としては、いくら飲み物を飲んでも喉が乾くと感じる場合です。他の自覚症状としては、尿の色やにおいがおかしい場合や、体がむくむ場合、体重が増えた場合や、血圧が高くなった場合です。また1部の腎炎では、腰の腎臓がある部分周辺に痛みを感じることがあります。これらの症状に日常から注意しておくと早期発見につながります。

有名なクリニックになると名医と呼べる医者がたくさんいる可能性が高いです。このような名医がいるところなら腎臓病以外の症状も対応してくれるでしょう。例えば、下肢静脈瘤と言われる症状です。こちらの治療も技術力が高いクリニックに依頼しないと手術跡が残ってしまう可能性などもあります。だから下肢静脈瘤の治療も高い水準のところを見つけることが大切です。

新しいがん治療法です

聴診器

免疫療法は新しいがん治療に一つとして研究されています。中でも樹状細胞療法はがん化した細胞と特徴を見極め、リンパ球へ攻撃の指示を出す司令塔的役割を担っています。手の届かなかった場所や発見しきれないがん細胞を一掃するために大きな役割を果たしてる期待の治療法です。

もっと読む