名医に依頼することで下肢静脈瘤の治療を痛みが少なく行なえる

医者

住み慣れた場所で

病院

安らげる場所で過ごす

人々は、誰しももっとも安らげる場所を持っているはずです。それはその人によって異なりますが、多くの人が家族と共に寝食を過ごす自宅を安らぎの場所と考えるのではないでしょうか。そんな自分にとっての安らぎの場所を離れなければならないことも人生にはあり得ます。それは、例えば、遅かれ早かれ誰しもが経験をする病気などで、医療機関に身をおかなければならない時です。症状により様々ですが、大幅に長期間の入院を余儀なくされる場合もあります。急性期で早急な治療や持続的な治療が必要な場合は、入院もやむを得ないですが、その処置が医療者の手によって家庭でも施せるものであり、全身状態が落ち着いていれば在宅医療という選択肢もあります。

色々な方をサポートする

東京都世田谷区でも、在宅医療を利用して、生活のサポートをかけ自宅で生活する人が少なくありません。在宅医療は多くの場合、定期的な医師の往診や看護師の訪問などで医療的ケアを受けたり、経過観察を行う事になります。主治医の所属する病院と連携を取った訪問看護の事業所などが主に在宅医療のサポートに当たります。世田谷区にもこのような事業所はいくつかあります。世田谷区をはじめ、全国で在宅医療を受けながらの生活を送る人の理由は様々です。例えば、何か特別な疾患がなく高齢であるがために、身体の機能が低下し医療的な処置を必要とする人もいます。これは在宅医療を受ける人の中で最も高い割合を占めています。そのような背景には世田谷区や全国に、高齢者の割合が増えていることが要因になっています。在宅医療は、このように年齢に関係なく様々な困難を抱える人たちが快適な生活を送れるようにサポートする機能です。