名医に依頼することで下肢静脈瘤の治療を痛みが少なく行なえる

医者

新しいがん治療法です

聴診器

自然治癒力を使用します

がんに対する治療が日々進化しています。がんの位置や大きさにより摘出手術だけでなく、放射線治療や薬物療法と並行して行うことで早期にしっかり治療すれば治る病気となってきました。しかし、まだまだ世代や体力によって副作用の影響もあり、新しい治療法を期待されていました。そこで登場してきたのが免疫療法です。免疫療法とは人が自然治癒力を持っている特性を生かし、培養した免疫細胞を人工的に取り込むことによって体内のがん細胞を死滅させる治療法です。がん細胞は健康な人でも体内に存在しており、日々免疫細胞がウィルスなどによってがん化した細胞と戦っています。免疫療法をうまく活用して新しいがん治療を目指し研究が進んでいます。

がんを見つけてくれます

免疫療法の一つに、樹状細胞を利用したものがあります。樹状細胞は皮膚をはじめ体内のあらゆる場所に存在しています。ウィルスが体内に侵入、がん化した細胞を見つけるといち早く駆けつけます。樹状細胞は周囲に突起物を伸ばしながら一部を取り込み、がん細胞の特徴を調べていきます。がん細胞の情報をつかむとリンパ球へ指令を出し、リンパ球ががん細胞を攻撃するシステムになっています。免疫療法はこの樹状細胞の特徴をがん治療に役立てています。培養した樹状細胞を体内に取り込むことで画像検査では発見できないがん細胞や、手術では手の届かない場所で発生したがんを一掃してくれる可能性があります。まだ万能とはいかないまでも、現状の治療と平方して行うことで早期治療に役立てていきます。