名医に依頼することで下肢静脈瘤の治療を痛みが少なく行なえる

医者

日帰りも可能です

病院

治療方法

中高年の男性の多くは、鼠径ヘルニアという病に悩まされています。この病気は、臓器や組織が本来あるべき場所から脱出してしまう病気です。足の付け根や太ももなどに小腸や大腸が外に飛び出てきてしまうこともあります。この鼠径ヘルニアを治療するには手術を行うのが一般的です。世の中には薬や自然放置によって治る病気は存在しますが、鼠径ヘルニアは手術をしない限り根本的な治療を行うことが出来ません。鼠径ヘルニアの特徴は発症した年齢によって原因が様々あるのが特徴です。子供のころに発症した場合は、先天的なものです。成人が発症した場合は加齢によって筋膜が弱体化していることが原因です。成人の場合は、力仕事などを行うことも原因として挙げられます。

診断を受ける前に

これまでの鼠径ヘルニア手術は、術後に痛みが伴って1週間ほど入院することが必要でした。また、手術を行った後でも患者の約10%ぐらいは再発していました。しかし、最近ではこれらの手術方法が変わってきています。以前までは、小腸などの筋膜同士を縫合するというものでした。最近では筋膜の隙間を特殊なシートによって塞ぐ方法が取られています。これによって従来の術後の痛みが解消することが可能となっています。また、痛みがほとんどないため短期入院や日帰り手術といったものが可能です。さらに、患者が安心できるように様々な工夫をしている病院もあります。全身麻酔ではなく局所麻酔を行うことで、患者と話し合い随時情報を確認することが出来ます。これらの知識を持って、鼠径ヘルニア治療の相談をしてみてください。